事業方針

 従来、水産物の流通は[市場流通]と[市場外流通]に二分されてきたが、その一体的運用を可能とするインフラを構築する。

 そのために水産物の流通に必要な機能の集積と最適立地化、ITによる一元管理・ネットワーク化、現場作業の標準化を通じて流通の効率化(ローコストオペレーション)を追求する。
と同時に、水産物の鮮度を維持し、加工などによって付加価値を与え、タイムリーな情報発信や企画あるいは商品開発を通じて良質な消費の拡大を追求する。

 水産物のプロセスセンター運営を事業ドメインと位置付け、同じ志の協力企業との協働によって、受発注・決済・加工・店別仕分け・ラベル貼り・在庫管理・配送・鮮魚調達・販促企画を基本業務とした多様なサービスをお客様に一括提供する。それを全国展開してゆきネットワーク化してゆく。


業務内容



     ----------参考文献(リンク)----------

紹介